カテゴリー別アーカイブ: ニュース

大名のシンボル「トラットリア・バルミュゼット」「ベジハウスバサン」「バキュース」がリニューアル



福岡市大名の本格カフェレストラン「トラットリア・バルミュゼット」、

野菜を使った創作和食店「バサン」、ホテルバー「バキュース」
の3店舗が、平成24年1月14日(土)に同時リニューアルオープンすることがわかりました。

今回のリニューアルは、上記3店舗を展開するプラザホテル株式会社のレストラン事業が、
東京都内でレストランなどの飲食店を展開する別会社に引き継がれるため。
リニューアル後は、【畑の伝道師】とも呼ばれ、
多数のメディアで注目を集めるカリスマオーナー・渡邉明氏が厳選した野菜がメインとなる。

「トラットリア・バルミュゼット」が入店していたプラザホテルプルミエ1階は、
バーカウンター周り以外の店内も一新し、
野菜を中心にパスタやワインをカジュアルに味わえる
AWkitchen Premier(エーダブリュキッチン プルミエ)」として生まれ変わります。

また、「ベジハウスバサン」が入店していたプラザホテル天神1Fには、
やさい家めい BASSIN(バサン)」がオープン。
オリジナルの出汁で味わう「お野菜しゃぶしゃぶ」など、
野菜のもつ美味しさを生かしたヘルシーな創作和食がより充実する予定です。

今まで大名の中心であり、多くのファンに愛されてきた3店。
これからも新しいかたちで大名を盛り上げてほしいですね。
日ごろ不足しがちなお野菜をたっぷりと楽しめる、
お仕事で忙しい男性にもヘルシー志向な女性にもうれしい新店になりそう。
リニューアル後のレポートもお楽しみに!


<AWkitchen>
■HP:http://www.eat-walk.com/

■facebook:
http://www.facebook.com/AWkitchen

<プラザホテル 天神、プラザホテル プルミエ>
■HP:http://www.kitayama-kosan.jp/shop_hotel

続報!福岡市発の動画「お知らせばい福岡」がさらにパワーアップ!

飲酒運転撲滅運動と福岡の観光案内を兼ねた福岡市発のPR動画
お知らせばい福岡」の勢いがスゴい。

動画では福岡の名所や観光地などをロケ地に採用、
実際に福岡市に住んでいるさまざまな人が、
博多弁などでメッセージを語りかけています。
以前の紹介記事ではコスプレガールたちに登場してもらいましたが、
今回は、随時アップロードされている動画のうち、
気になった最新のお知らせを紹介します!

福岡を拠点に活動する音楽プロデューサー・深町健二郎さん、
博多の街にある寺社の魅力をアピールしています。

ストレートロングが似合うJK(女子高生)も登場!
「あぁ~、これ以上知的になったらわたしどげんしよう♡」
いいねぇ博物館デート。

福岡市東区にある陸続きの志賀島は福岡指折りのドライブコース
「そんなん言うならオレがドライブば連れてっちゃーばい待っとき!!」
て言いたくなるようなカワイイ女子大生も語ります。

こちらは、アジアの玄関口といわれる国際都市らしい作品。

そして、元テニス選手・松岡修造さん並みに熱く語りかける高島市長

同市は12月半ばに、「ニコニコ動画」(原宿)に広報専門チャンネルを開設。
「YouTuBe」でのチャンネル開設に引き続き、
これまでとは一味も二味も違うアプローチで、
市民の交通安全を喚起、観光情報を発信しています。
またおもしろい動画がアップロードされたらレポートしますので、
乞うご期待!!

アジアの現在が見えてくる。個性派美術館「アジ美」に行こう!

何かと忙しい年末年始、もうお休みの予定は決まっていますか?
街中で気軽に楽しめるスポットはたくさんありますが、
「いつもとは違う場所へ行きたい!」「時間はあるけどお金が…」、
「子どもといっしょだし…」という方には 福岡アジア美術館 がオススメ。

「アジアの玄関口」ともいわれている福岡の中心部に開館して約10年。
世界でも珍しいアジアの近現代芸術に特化した美術館として、
激しく変化をつづけるアジアの「いま」を発信しています。
この冬イチオシの展覧会は、
年明け最初にスタートする「キラキラ☆チカチカ-光のアート」、
インドやパキスタン発の「南アジアの現代美術-ネットワークから世界へ」。
わたしたちの知らないアジアの文化や作品にきっと出会えるはずです。

地下鉄中洲川端駅に直結しているので交通アクセス抜群!
ベビーカーの貸出や無料のコインロッカーがあるので、
ショッピングの行き帰りに立ち寄るのもよさそう。

<キラキラ☆チカチカ-光のアート>
■期間:2012年1月2日(月)~2012年4月3日(火)
■会場:アジアギャラリーA(7階)

<南アジアの現代美術-ネットワークから世界へ>
■期間:2011年12月15日(木)~2012年3月27日(火)
■会場:アジアギャラリーB(7階)



福岡アジア美術館
■HP:http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
■住所:福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
■TEL:092-263-1100
■時間:10時~20時(入室は19時30分まで)
*但し、特別展等については、作業のために展覧会最終日は早く閉室する場合あり
■観覧料:アジアギャラリー 一般200円、高校・大学生150円、中学生以下無料
■休館日:水曜日(水曜が休日の場合はその翌平日)、※年末・年始(12月26日~1月1日)

アジア美術館の常設の収蔵品について気になるという方はこちらの動画を参考にしてはいかがでしょうか?



ニコニコ動画(原宿)に福岡市の広報専門チャンネルが登場!

ニコニコ動画(原宿)に福岡市の広報専門チャンネルが登場しました。

福岡市の広報動画チャンネルといえば、最近話題になったお知らせばい福岡もアップロードされてることでyoutube上にあるFukuokachannelが知られてるかと思います。

実は、12/19日から、ニコニコ動画内のチャンネルカテゴリに福岡チャンネルが開設されてます。

お知らせばい福岡もニコニコにアップロード済み。

生放送も既に、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を座長とした12/22に第4回屋台との共生のあり方研究会 by 福岡市 を配信してました。
http://ch.nicovideo.jp/lives/fukuokacity

動画に目覚めた福岡市どこまでいくんでしょうか?

福岡市が発信する動画コンテンツ「お知らせばい福岡」がスゴい。

お酒の席が多くなる年末年始。
飲酒運転撲滅運動に力を注ぐ福岡市が制作・公開している動画が
ひそかな話題を呼んでいます。

動画の内容は福岡市に住むさまざまな職業の人が登場し、
飲酒運転撲滅を博多弁で呼びかけるもの。
ロケ地には福岡市を象徴する場所や観光地が採用されています。

特に人気なのは、青髪ウィッグが印象的なコスプレ女子が登場する福岡市民⑭や、

美人女子プロボクサーが力強く語りかける福岡市民②、

ハイパーヨーヨー世界5位の実力をもつ少年が超絶技術を披露したあと
「どげんかしちゃらんですか?!」と真摯に訴える福岡市民⑤。

ほか、元アナウンサーの高島市長や福岡ソフトバンクホークスも出演する動画など、
1本あたり約17秒間の作品を合計50本を順次公開予定。
成人男子に人気のウェブマガジン「日刊サイゾー」にも紹介されるなど、
全国的にもじわりじわりと有名になりつつあるようです!

■福岡市役所ホームページ
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shicho/digital/shisei/oshirasebai_fukuoka.html

■「日刊サイゾー」
http://www.cyzo.com/2011/12/post_9331.html

もうすぐ30億人!地下鉄利用者数当てクイズにトライ

昭和56(1981)年に開業した福岡市営地下鉄の利用客が、
ことしの11月30日時点で約29億9100万人に達成!
近いうちに利用者数が 30億人 に上る見込みだそう。
これを記念して、利用者が 30億人 に到達する日を予想するクイズを実施中。
到達予想日と名前、連絡先等と入力するだけなのですぐ!
福岡市が運営する下記サイトから応募してみよう。
正解すると、抽選ですてきな記念品がもらえるよ。



■福岡市交通局
http://subway.city.fukuoka.lg.jp/cgi-bin/topics_2/tpd.cgi?gid=10319

■応募〆切
平成23(2011)年 12月 20日 (火)

■地下鉄マスコット「ちかまる」がかわいい!

博多の写真館物語展 ~幕末からはじまる博多の写真館の物語~

明治から大正期にかけて写真館を開いた写真師たちの足跡を示すパネルや、 アンティークな写真機などを展示しています

ポラロイドに先駆けた画期的な撮影方式、
「銀板写真(ダゲレオタイプ)」が
日本に渡来したのは1840年代のこと。
今回の企画展「博多の写真館物語」では、
福岡藩の命を受けて写真技術を学び、
博多で初の写真館「古川写真館」を開業した
藩士の古川俊平氏の紹介をはじめ、
大正期から昭和40年代までの
博多の写真館の歩みを紹介します。
海外文化の影響を受けながら発展してきた
博多の写真史を楽しく学びましょう!

■日時
2011年12月15日(木) ~ 2012年1月15日(日)
10:00~18:00

■会場
「博多町家」ふるさと館 展示棟

■住所
福岡市博多区冷泉町6-10

■料金
大人200円、中学生以下無料

■特別協力:
片山写真館・安本写真館・フタバスタジオ・ゴゴー商会・九州造形短期大学・福岡市博物館

■「博多町家」ふるさと館
http://www.hakatamachiya.com/

bird “そうだ 九州、行こう。Part 2 ” Acoustic Tour 福岡公演 レポート!

     " NEW BASIC by bird "
birdサンの最新アルバム「NEW BASIC」をライブ後に購入!!
かわいいサイン&コメントまで頂きました!

伸びやかで力強い歌声が魅力のシンガー「bird」サンのライブが教会で聴ける!
ということで、クリスマス前のイルミネーションが幻想的にきらめく「赤坂ル・アンジェ」教会へ。

淡い光とキャンドルで照らされたチャペルに、
純白のユリがさりげなく飾られたバージンロードが清楚でキレイ。
室内の雰囲気にうっとりしているうちに、birdサンがバージンロードの扉から登場してきました。
パープル系のノースリーブワンピが似合ってて、小柄なのに存在感抜群!
今回のツアーをともに巡回しているギタリストの樋口さん(おもしろい!)とのトークでゆるく始まり、
なんと1曲目のセレクトは山口百恵サンの「夢先案内人」カヴァー。
樋口さんとの軽快なトークを挟みながら、
教会の天井が描くゆるやかなアーチが、スローに、ミディアムに、
そしてスウィンギーに変化するbirdさんの歌声とやさしいギターの音色を包み込んでいきました。

今回のライブは久しぶりの福岡公演だったということもあり、
1stから最新アルバムまでを振り返るような、ファンにも初心者にもウレシイ構成。
bird名義では最新となる5thアルバムからのナンバー「Bitter Sweet Friday」や「こんなにもblue」、
ほか、HPでのリクエストが多かったという2ndアルバムからの「flow」、
そしてラストでは名曲「SOULS」をアコースティックにまとめるという贅沢でオトナなラインナップ。
バージンロードの先に白く光る十字架で、一足早く聖なる夜を満喫してきました。

■bird official site
http://www.bird-watch.net/
会場でもたくさんおっしゃってくれたのですが、birdサンご自身のブログでも、
私たちの手拍子が「いい感じだー!」とのコメントを頂きました(笑)
birdさんのおおらかで親しみやすい空気感が伝わってくるブログです。
ぜひ訪ねてみてください!


■公演データ

COMMON GROUND presents「 The Live in Church 」
bird“そうだ 九州、行こう。Part 2 ” Acoustic Tour 福岡公演
12月1日(木) at 赤坂ル・アンジェ教会 *限定100名
開場 19:00 開演 19:30
supported by 赤坂ル・アンジェ教会

■bird 「SOULS」
今回のライブに近いアコースティックversionです。

福岡市中央区もfacebookページを開始してます。

福岡市中央区が公式facebookページを開始してます。

https://www.facebook.com/f.chuoku

いいねを押すと中央区の情報が自動的にあなたのfacebookのウォールにながれてきます。

結構、便利です。

福岡市中央区のロゴマークを使った、勝手ページがたちあがってますが、こちらが公式ですので・・・。

 

 

“SESSIONS” 2011.11.19(Sat) at O/D Guest DJ: Watusi [COLDFEET] Maynard Plant [MONKEY MAJIK] 半沢武志 [ex. FreeTEMPO]

2011年のAutumn/Winterにおける最大級のSpecialなイベント、
“SESSIONS”、開催!!

COLDFEETのWatusi!!
MONKEY MAJIKのMaynard Plant!!
惜しまれつつFreeTEMPOとしての活動を終え、
個人名義での活動をスタートさせている半沢武志!!!

この豪華共演、この場でしか味わえない
まさにSpecialな「SESSION」をお楽しみください。

=========================

2011.11.19(Sat) at O/D

“SESSIONS”

Guest DJ:
Watusi [COLDFEET]
Maynard Plant [MONKEY MAJIK]
半沢武志 [ex. FreeTEMPO]

DJ:
MIFUNE/AKIRA/SUGI/JUNIO/
CASE/TAKESHI/Y@M@/ONI

VJ:
Seeba

CHARGE:
ADV. 3,000yen(with 1drink)
DAY. 3,500yen(with 1drink)

チケットぴあ(Pコード:P151-017)
ローソンチケット(Lコード:L82572)

INFOMATION: O/D [092-733-1167]
  福岡市中央区今泉2丁目4-28 VOID FUKUOKA 4.5F