タグ別アーカイブ: 宮島達男

日本を代表する現代美術家・宮島達男さんの展覧会に行ってきました

福岡市天神、天神イムズ8階「三菱地所アルティアム」にて開催中の展覧会、
『宮島達男「その人と思想」展-宮島達男は何を考え、どう生きたのか-』
を観に行ってきました。

彼を一躍有名にしたのは、発光ダイオード(LED)を用いたデジタルカウンター、
通称「ガジェット」を使った80年代後半の作品<sea of time>
ヴェネチア・ビエンナーレに出展されたこの作品で国際的な注目を集め、
ロンドンのテート・ギャラリーや東京都現代美術館などに作品が所蔵されている、
国内でも稀有の才能をもつインスタレーション・アーティストとして知られています。
六本木ヒルズ内のテレビ朝日外壁や東京オペラシティなど、
パブリックアート作品も数多く製作しているので、
彼の作品をどこかで見たことがある人はきっと多いはずです。

1957年東京生まれ、東京芸術大学大学院美術研究科修了。
在学時から精力的に作品作りに取り組んできた宮島氏。

「それは変化しつづける」
「それはあらゆるものと関係を結ぶ」
「それは永遠につづく」

という3つの制作コンセプトのもと、
「1」~「9」の数字を使って人間のライフサイクルを表現。
(※「0」はガジェットでは表示されない!)
本展のために制作された最新インスタレーション<sea of time 2011>は、
「ガジェット」の世界を体感できる、見どころのひとつです。

しかしながら、世界的に名を知られるようになった80年代後半以前の作品は、
現在の彼の作品とはほとんど違ったものでした。
彼の作品は個性的なパフォーマンスにより完成され、
それらを記録写真や映像、オブジェ、ドローイングによってかたちにしていました。

今回の展示では、彼の芸術活動の根源となる初期の作品が充実しており、
(その時期を、自身は著書のなかで「青春」と書いている)
どのようにしてLEDのインスタレーションが生まれたのか、
その思想の変遷を垣間見ることができました。

また、宮島氏の提唱する「Art in You」を体現するイベントも開催。
作家立ち会いのもと、一般参加者が大きな声で数字をカウントダウンし、
「0」のタイミングで目の前にあるとんこつラーメンに顔を浸す行為を繰り返す、
Counter Voice in TONKOTSU」も映像作品として展示されています。
※平成23(2011)年12月10日(土)、イムズスクエアにて実際にて実施。
インパクトのある超個性的なワークショップでした!
http://www.47news.jp/movie/general_topics/post_5972/

会期は平成24(2012)年の1月9日(月・祝)まで。
アート好き、数字好き、LED好き、とんこつ好きetc…
身近なところに感じられるアートを探しに出掛けてみませんか?

<DATE>
宮島達男「その人と思想」展-宮島達男は何を考え、どう生きたのか-
会場:三菱地所アルティアム(イムズ8階)
会期:2011/12/3(土)~2012/1/9(月・祝)
休館日:12/31(土)、1/1(日)
時間:10~20時
料金:一般400円、学生300円 ※再入場可、高校生以下無料

■三菱地所アルティアムHP:http://artium.jp/

■tatsuo Miyajima.com :http://www.tatsuomiyajima.com/

<主催>三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
<後援>福岡市、福岡市教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団
<企画協力>CAPSS/Nagasawa Akiko Publishing

『宮島達男「その人と思想」展』 IMS8F 三菱地所アルティアム開催されます。

角屋、直島_家プロジェクト
角屋、直島_家プロジェクト

日本を代表する現代美術家・宮島達男の福岡初個展がIMS三菱地所アルティアムで開催されます。12/3より。
宮島達男がLEDを使用した作品を最初に発表したのは1987年、発光ダイオード(LED)を用いたデジタル・カウンターの作品を制作し、国際的な注目を浴びました。

宮島達男「その人と思想」展 
会期:2011/12/3(土) – 2012/1/9(月・祝)
12/31(土)、1/1(日)は休館日
開館:10:00-20:00
入場料:一般400円、学生300円
再入場可、高校生以下無料

会期中は宮島達男の提唱する「Art in You」を体現するイベントが多数開催されます。

ワークショップ「Art in T-shirts Project」<定員各回10名>

宮島が作品で使用するフォントを用いて、あなただけの他には
ないオリジナル宮島Tシャツをシルクスクリーンで制作する
ワークショップです。制作されたTシャツは各自お持ち帰り
頂けます。(※Tシャツワークショップは作家不在)
【日時】2011年12月3日(土) 13:00-/15:00-/17:00-
【会場】イムズプラザ(イムズB2F)
【参加料金】2,500円
【申込方法】要予約(先着順)。三菱地所アルティアム迄、
お電話にてお申込み下さい。TEL. (092)733-2050

レセプション&ギャラリートーク<作家来場!>

【日時】2011年12月10日(土) 18:30~20:00 <入場無料、予約不要>
【会場】三菱地所アルティアム(イムズ8F)

トークイベント 宮島達男の「ぐっとくる話」九州大会<定員30名>

宮島達男と共に参加者が持ち寄った各々の“ぐっとくるもの”に
ついて語り合いましょう。発表者の発言をもとに、参加者全員で
ディスカッションをします。宮島達男が一番“ぐっときた”発表者
には「ぐっとくる大賞」として宮島作品をプレゼント!
【日時】2011年12月11日(日)14:00~(2時間程度)
【会場】イムズプラザ(イムズB2F)
【募集期間】2011年10月25日(火)~11月25日(金)まで
【参加資格】イベント当日(12月11日)に参加出来る人
【審査員】宮島達男
【応募要項】イベント当日、会場に自分が“ぐっとくる”モノを
持参で確実に来られる方であれば、どなたでもご参加頂けます。
“ぐっとくる”モノは自作の芸術作品、子供の写真、形見の品、
土産物などなんでも構いません。宮島達男が全ての応募者の
画像と原稿に目を通し、12月11日当日に発言者を指名致します。
参加者より選ばれた“ぐっとくる大賞”の他、副賞として宮島達男
手作りオブジェ作品も!?
【申込方法】自分にとってぐっとくるモノの画像及びそれが何故
ぐっとくるのか?を400字程度で説明した原稿(裏面に氏名、
年齢、電話番号を明記)を三菱地所アルティアムまでご郵送
下さい。また、メールでも受付けております。<info@artium.jp>
までぐっとくるモノを説明した文章とぐっとくるモノの画像をお送り
下さい。メールの場合は必ずメールの件名に「宮島達男のぐっと
くる話申込み」と記載の上、氏名、年齢、電話番号を明記下さい。

参加決定者には事前にご連絡いたします。
*応募締め切り/11月25日(金)迄
*観覧のみのご参加も可能です。(予約不要)

トークイベント 宮島達男の「ぐっとくる話」九州大会とか、おもしろそうですよね。

各種お問い合わせは以下まで
三菱地所アルティアム
福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
TEL. (092)733-2050
http://artium.jp/
http://artium.exblog.jp/
http://twitter.com/artium_jp